ローズヒップオイルは毛穴に効くけどなぜか魚臭い……気のせいかな

公開家計簿WAKABA ローズヒップオイル

ローズヒップオイル

ローズヒップオイルを使っています

ローズヒップから抽出されたオイルは、美容オイルとして高い効果があります。

ローズヒップオイルに含まれているガンマリノレン酸は、直接細胞に入り込んで細胞膜を作る成分になります。

赤ちゃんの肌がみずみずしくて新陳代謝が盛んなのは、母乳に含まれているガンマーリノレン酸が大きな役割を果たしているとか。

私が愛用しているこのオイルは、あっという間に酸化してしまうので、冷蔵保管が必須。

開封後1〜2ヶ月に使い切らないと品質が変化してしまうので、なるべく小さい物を買った方がいいです。

急な温度変化も良くないようなので、使ったら速攻で冷蔵庫にしまっています。

管理が大変なんだけど、効果はバツグンなのでここでご紹介します。

ローズヒップオイルの使い方

2〜3滴を夜寝る前に顔につけて、優しくマッサ−ジするように使っています。

しばらくは効果が分かりませんが、2〜3週間で肌のきめが細かくなったのを実感できました。
肌がツルっとなるというか、「一皮むけた」ような感じになるんです。
新陳代謝が活発になったからでしょうか?
長く使えば使うほど効果を実感できると思います。

最近「ローズヒップ配合ローション」なるものを見つけたので、購入するかどうか考え中です。
でもきっと水とかで薄められているんだろうなぁ。

オイルを直接つけた効果を知ってしまうと、ローズヒップオイル配合のローションやクリームじゃ満足できなくなるような気がします。

ローズヒップオイルの注意点

  • 冷蔵庫で保管すること
    ローズヒップオイルは酸化しやすいので冷蔵庫で保管するのがベター
  • つけるのは寝る前にしましょう
    肌につけた状態で日に当たると、肌の上でオイルの酸化が始まり肌に悪影響です
  • ベタつきます
    オイルを販売しているショップでは「つけていくと最初はベタベタするけど肌にスーッと浸透していきます」
    などと書いてある所もありますが、自分で何本か試して思ったこと……それは、
    オイルは「油」だとうことです(←当たり前)
    肌にぐんぐん吸い込まれていく感触はほとんどないです。
    むしろ肌に保護バリアを張ってくれるような感じです。
    つけるとやっぱりベタベタ感はあります。
  • 枕カバー必須
    顔に塗ったまま寝ると枕にオイルがついて汚れるので、枕はタオルなどでカバーしましょう。
    オイルのついた枕カバーを日に当てると黄色く変色します。
  • 魚臭いです
    ショップでは「ほのかなバラの香りがします」などと書いてあるところがありますが、正直言ってそんな匂いを感じたことはありません。
    そもそもローズヒップオイルはバラの実から抽出したオイルですから、バラの花の香りがするなんてありえません
    そんないい香りがするどころか、やや魚臭いです。
    しかも生魚系の匂いです。決していい匂いではありません、臭いです。
    香りによるヒーリング効果はないと思ってください。
    それでもオイルをリピートしちゃうのは効果がバツグンだからなんですよね・・・
このページのトップへ戻る

使った事のあるローズヒップオイル一覧

メドウズ ローズヒップオイル (2,900円/50ml)

私が一番初めに買ったオイルです。

さらっとしたつけ心地で、とても使いやすかったです。
50mlは多すぎて、半分も使わないうちにダメにしてしまいました。
顔だけじゃなく、体にもどんどんつければよかった。もったいない
メドウズローズヒップオイルはこちら

生活の木 ローズヒップオイル (1,800円/25ml)

ちょっと重めの使いごこちでした。

じっくりマッサージしないとなかなか肌に浸透しない
でも、効果が一番実感できたのもこれなんですよね。
近所に売っているので、リピートしてます。
分量は適量なので2ヶ月もあれば使いきれます。お値段も手ごろでgood
生活の木ローズヒップオイルはこちら

GAIA ローズヒップオイル (1,300円/25ml)

ちょっと重めで匂いがきつい
でも、天然ビタミンE(保存料)が配合されているので、とても長持ちしました。

ローズヒップオイルは酸化しやすいので、管理しやすいのは嬉しいですね。
ふたがスポイトになっているので必要量を出しやすいです。
GAIAローズヒップオイルはこちら

カリス ナチュラルオイル ローズヒップオイル (2,600円/50ml)

これもお気に入りです。

値段が一番安いので、ひじ、ひざ、かかとに塗りこんでいます。
かかとがとても柔らかくなりました。
カリスローズヒップオイルはこちら

このページのトップへ戻る