家計簿のつけ方や使用している家計簿ソフト、実際につけている様子など

公開家計簿WAKABA 家計簿ソフト比較 市販ソフト家計簿

家計簿ソフト比較(市販ソフト家計簿)

私が使っている家計簿ソフトがこのタイプです

市販ソフトはお値段もそれなりにする分、非常に高性能です。

値段の幅も大きく、2,000円台から買えるものもあれば、なんと1万円以上するものも

また、アフターサービスの良さも高ポイント。
電話で質問に答えてくれるサービスもあるので、初心者の方には嬉しいんじゃないでしょうか。

一度フリーソフトで「パソコン家計簿」に慣れたら思い切って市販ソフトにグレードアップしてはいかがでしょう?

きっと値段に見合った家計管理ができると思います。

最大のデメリットは、一度買ったら(もったいなくて)なかなか他の家計簿に変更できないということでしょうか。

メーカーのサイトでは、お試し版をダウンロードできることが多いです。

ソフトの相性もあると思うので、購入する前に一度お試し版をダウンロードして自分に合うかどうか試してみることをおススメします。
実際使ってみないと分からないことって結構ありますからね。

では、いくつかオススメの市販家計簿ソフトを紹介します。

おススメ家計簿ソフト

私が使っている家計簿ソフトです。

私がこのソフトを使い始めたきっかけって、パソコンの買い替えによってやむを得ず……なんですよね。

色々吟味して決めたわけではなかったりします

実際に使ってみると、レシート入力・底値管理・口座管理が簡単にできるので、初心者の方にもオススメです。

費目の設定も自分好みにカスタマイズできるので、
思ったとおりの家計管理が可能。
バックアップやデータの移動が楽なのもポイント高いです。

実家の母も、いつの間にかこれを使って家計簿つけてたよ
ずーっとノートタイプの家計簿一辺倒だったのに、何があったんだ。

袋分け方式で収支管理ができる家計簿ソフトです。

シンプルな仕組みと自動計算機能を搭載し、家計簿初心者やパソコン初心者でもすぐに始めることができます。

毎月費目ごとに予算を立て、それぞ袋分けして、それぞれの袋の中から日常のやりくりをし、残高を管理していく「袋分け家計簿」を採用。

また、銀行口座の状態をメモしておける「口座管理」、20年後までの家計をシミュレーションできる「ライフシミュレーション」なとがついています。

家計から資産管理まで幅広くトータルで管理する家計簿ソフトです。

現金、預金、クレジットカード、ローンなどを一元管理ができるため、お金の流れを把握することができるほか、用意された様々なレポートやグラフから家計分析をすることや、予算の立案と管理をすることも可能。

費目の設定が比較的自由だけど、こっちも「家計簿」というより「資産管理」寄りのソフトです。

単なる家計簿ソフトでは物足りないと言う方にお勧めです。

私の主観だけで「このソフトいいよ〜」って言うのも無責任な気がするので、Amazonで売れ筋の家計簿ソフトをご紹介しました。

Amazonではソフト利用者の口コミなども見られますから、いろんな人の意見を参考にするといいと思いますよ。

Amazonの売れ筋家計簿ソフトはこちら
番外・ハイパー家計簿シリーズ(製造中止)

私が使っていたハイパー家計簿シリーズは2004年5月をもって販売・製造中止になりました。

ハイパー家計簿3の頃から使っていたのですが、その後winXPのパソコンに変えたためver3が使えなくなって……

新しい家計簿ソフトを買うか、バージョンアップ版にするか悩んだ結果、目先の安さにつられてバージョンアップ版のハイパー家計簿5ieを購入。

そのすぐに製造中止が決まったようです
新しいソフトに乗り換えるんだった……激しく後悔。

データ管理が面倒な一面はあったけど、かゆいところに手が届く優良ソフトでした。

初めて使った家計簿ソフトで、非常に思い入れのある1本なので、ここに紹介しておきます。
今後忘れ去られちゃうのが非常に寂しい。

このページのトップへ戻る