主婦の資格取得について 秘書検定など事務系の資格を中心に紹介します

公開家計簿WAKABA 主婦の資格取得 事務系の資格

秘書技能検定(秘書検定)(公的資格)

秘書技能検定とは

ビジネスマナーや一般常識、書類作成や来客応対などの能力を認定する検定試験です。
1級・準1級は就職にも有利。

受験資格

特になし

試験内容

1級

筆記試験
 ・秘書の資質
 ・職務知識
 ・一般知識
 ・マナー・接遇
 ・技能
面接試験
 ・報告・対応に関する質疑応答(2人ずつ15分程度)

準1級

筆記試験
 ・秘書の資質
 ・職務知識
 ・一般知識
 ・マナー、接遇
 ・技能
面接試験 ・あいさつ、報告、対応に関する質疑応答

2級・3級(筆記試験のみ)

・試験範囲は1級、準1級と同じ

難易度など

しっかり勉強すれば、決して難しい試験ではないです。
合格率は1級・準1級が30%、2級50%、3級70%ほど。

社会人として知っておいて損は無い事ばかりが試験に出ますから、テキストを読むだけでもためになります。

私は就職活動用に2級をとりましたが、ご祝儀袋の書き方とか食事マナーとか、普段の生活にもかなり役立っています。

試験についての問い合わせ先

参考書・問題集など

通信講座の資料請求

このページのトップへ戻る

ビジネス能力検定(B検)(公的資格)

ビジネス能力検定とは

社会人に必要な仕事の能力を客観的に評価する検定試験。
文部科学省が後援している公的資格です。

受験資格

特になし

試験内容

1級

・マネジメントの基本とビジネス技法
・組織とリーダーシップ
・事業プランニング
・小論文
・面接

2級

・ビジネスマナーとコミュニケーションの基本
・仕事の基本とビジネス文書
・ビジネスコミュニケーション
・仕事の実践とビジネスツール

3級

・ビジネスマナーとコミュニケーションの基本
・仕事の基本とビジネス文書

難易度など

合格率は1級15%、2級34%、3級75%程度です。
普通に勉強していれば普通に受かるような数字ですね。

ビジネス能力を客観的に評価する資格なので、就職・転職にも有利です。

試験についての問い合わせ先

参考書・問題集など

このページのトップへ戻る

ビジネス文書検定(公的資格)

ビジネス文書検定とは

社外や社内で交わされる報告書などを作成するスキルを認定する試験です。

受験資格

特になし

試験内容

1級から3級まで共通

・表記技能(用字、用語、書式)
・表現技能(正確、分かりやすい、礼儀正しい文章)
・実務技能(社内・社外文書、取扱)(1級のみ添削あり)

難易度など

合格率は1級41%、2級63%、3級85%と易しい試験です。

試験についての問い合わせ先

参考書・問題集など

このページのトップへ戻る

国家資格

法律に基づいて、国(又は国から委託を受けた機関)が個人の能力や知識を判定して付与する資格。
いわゆる「国のお墨付き」がつくために難易度が高いものが多い反面、社会的な信用も高い。
医師 建築士 弁護士 税理士 行政書士 公認会計士など

公的資格

国家資格ではないけど、公に認知されていて所轄省庁によって審査基準が認定されているもの。
文部科学省や経済産業省などの官庁や大臣が資格を認定する。
主催自体は民間団体になるけど、信用度は比較的高い。
英検 秘書技能検定 消費生活アドバイザーなど

民間資格

民間の団体が独自に基準を設け、任意に与えているもの。
民間資格の場合、試験を実施している団体が信頼できるかどうか、見極める必要アリ。
(資格商法などの悪徳商法がはびこっているので注意!)
産業団体などが定めた資格は業界内で一定の評価があるので安心です。
面白い趣味の資格があったりするので、純粋に趣味で受けてみるのも面白いかも。