仙台・宮城の甘いものを紹介します

公開家計簿WAKABA 仙台・宮城の土産 菓匠三全 伊達絵巻

仙台・宮城の土産 菓匠三全 伊達絵巻

「仙台銘菓・伊達絵巻」は、萩の月で有名な「菓匠三全」のお菓子です。

萩の月が有名すぎて、他のお菓子の存在感が薄いのですが、菓匠三全のお菓子はどれも美味しいです。
マドレーヌやパイは110円〜140円程度で、コンビニの焼き菓子とあまり変わらない値段。
それなのにクオリティは高く、日常のおやつとしてよく買っています。
私のお気に入りはマドレーヌかな……115円ととても安いため、よく食べています。

ただ、マドレーヌやパイは普段のおやつとしては良いけど、いわゆる「お土産」には不向き?
パッと見て「仙台に行ってきたんだな」っていうのは分かりませんものね。

ということで、今回はパッと見て「あ、仙台に行ってきたのね」と分かるお菓子を紹介します。
その名も「仙台銘菓・伊達絵巻」
これでもかと仙台をアピールしているお菓子です。

菓匠三全 伊達絵巻 1個 84円

菓匠三全 伊達絵巻

騎馬武者をあしらった絵巻物風の渋いパッケージ。

兜の前立てを見ると、伊達政宗公をイメージしている事が分かります。

手のひらサイズでお値段は1個84円です。

どのようなお菓子かと言いますと。

菓匠三全 伊達絵巻

バウムクーヘン状の焼き菓子に、あんこ(またはクリーム)が入っています。

「バウムクーヘン状」と言いましたが、通常イメージするバター風味のバウムクーヘンとはちょっと違います。

しっかり焼いてあって硬さがあり、食べ応え(噛みごたえ?)がある感じ。
あんこに合わせてこういう風に作ったのかな。

公式サイトを見ると、「一滴の水も使わず、新鮮な卵で練り合わせ、焼き上げました」とありますね。
だからしっかりした食べ応えに感じるのかな。

最初は「バウムクーヘンにあんことか……胃もたれするでしょ 見た目も変だし、和菓子なのか洋菓子なのかどっちかにすればいいのに」
と思っていましたが、考えを改めます。
これは和菓子ですね。
生地とあんこがよく合っています。
ちなみに、あんこは粒あんでしっかり甘く、粘り気の強いタイプです。
和菓子が苦手な方にはきついかな。

ただ、クリームの方は……不味くはないんだけど、ちゃんと美味しいんだけど、どうなんだろう。
生クリームが独特なんですよね。
ねっとりしているというか、何というか。
生地に合わせるとこういう味になるのかな、個人的にちょっと苦手なのですが、お子様や若い方にはこういう方が好かれるのかもしれません。
実際「クリームの方が好き」という方も多いそうです。
私はあんこ派だな。

賞味期限は販売日から1週間程度、販売店も多くて手軽に購入可能。
(萩の月を売っているお店にはたいてい置いてあると思います。)

サイズも手ごろで日持ちもそれなり、仙台に行ってきましたアピールもできて美味しいので、会社やご近所のお土産に向いているかと思います

ちなみに、郊外のお店(直営店かな?)では、アウトレット品を非常に安く売っている事があります。
端が欠けていたり、大きさが不ぞろいだったりするいわゆるB級品。
個包装はせず、20〜30個ぐらいドサドサッと詰められて900円……だったかな。
家の近くのお店で時々見かけるんだけど、いつもあるわけではなくて運がよければ見かける程度。
きっと地元の方のおやつになってるんだと思う。

伊達絵巻公式サイト(菓匠三全)はこちら
伊達絵巻を取り扱っているお店(楽天市場)

このページのトップへ戻る