家計簿のつけ方や使用している家計簿ソフト、実際につけている様子など

公開家計簿WAKABA 家計簿ソフト比較 シェアウェア家計簿

家計簿ソフト比較(シェアウェア家計簿)

シェアウェア家計簿ソフト比較

シェアウェアの家計簿もベクター ソフトウェアライブラリに多数紹介されています。
値段の相場は、およそ1,000円〜2,000円といったところです。

シェアウェアの家計簿はサイト上で有料ダウンロードすることになります。

ダウンロード、解凍、インストールの一連の作業が必要になりますので、そこそこのパソコンの知識は必要になります。

シェアウェアのソフトは個人で開発しているものも多く、市販の家計簿ソフトを買うより安上がりな場合が多いです。

……ですが、正直シェアウェアを買うなら、もう少し予算を足して市販のソフトを買ったほうがいいのでは?
と、個人的には思います。

市販ソフトの家計簿も種類が増えてきたせいか、昔より値段がかなり下がっています。
(3,000円台から買えます)

それに、市販ソフトの方が何かとサポート面が手厚いんですよね。
そういうことを考えると、パソコンに慣れていない方にはシェアウェア版の家計簿はあまりお勧めできません。

ちなみにベクター内の家計簿のページはこちらです
http://www.vector.co.jp/vpack/filearea/win/home/kakei/index.html

では、いくつかオススメのシェアウェア家計簿ソフトを紹介します。

おススメ家計簿シェアウェアソフト

とても多機能な家計簿です。
便利な機能として、
・現金、銀行口座、クレジットカードの管理
・全国の標準消費動向と地域別、家族人数別に家計消費の比較
・買った食材のカロリー表示、GI値表示
・公共料金などの毎月の支払いなどを一括入力できる定期入力機能
などが挙げられます。

シンプルで見やすい画面が特徴。
口座管理、支出・収入分類項目分け、クレジットカード、自動記入、インターネットバンキング連携、Edy、Suica、ICOCAなどからのインポート、グラフによる家計分析、予算管理などの機能もついています。

月ごとの予算と実績の比較や一年間の収支集計、資産&口座集計、通帳表示機能など。
必要十分な機能がそろっている感じ。

かなり昔からあって、ファンも多い家計簿ソフト。
(昔はフリーウェアだったような……違ったかな)
ネットバンキング、グラフの同時表示、自動記入機能など、市販のソフトウエアにも負けない機能が充実。

過去、現在、未来の家計全体の記録ができ、支出、口座等の総額を表示できます。
メインの入力以外に、レシートを見ながら一品ごとで入力する《レシート入力》、項目ごと小計を計算して入力する《小計入力》、給与明細など決まった項目で入力する《パターン入力》、携帯メールから入力する《携帯メール入力》など容易に入力する機能があります。

このページのトップへ戻る