節約苦手主婦の家計簿公開。家計簿のつけ方や節約レシピなど

公開家計簿HOME 2017年〜2021年総合計

家計簿公開(2017年〜2021年)

2017年〜2021年・総合計
2017年 2018年 2019年 2020年 2021年
食 費 530,706 529,110 514,280
外 食 費 175,147 177,976 181,051
電 気 代 50,960 58,184 56,966
ガ ス 代 53,455 55,518 56,373
水 道 代 33,771 34,711 34,817
灯 油 代 0 0 0
住 居 費 915,924 911,024 328,080
生活雑貨 92,952 87,831 103,651
家具・家電 156,509 178,589 236,969
保 険 費 281,902 277,522 334,272
通 信 141,753 138,817 156,237
図書・教育 236,792 297,130 190,790
美容・理容 51,137 89,853 65,509
衣 料 費 157,689 113,739 203,248
交 通 費 27,700 58,690 50,202
趣味・娯楽 62,523 15,164 41,872
医 療 費 21,701 66,922 26,384
車 両 費 273,837 391,700 167,384
夫小遣い 695,224 547,305 622,903
合 計 3,959,682 4,029,785 3,370,988

コメント

2017年

TVボード、コタツを買い替え

2018年

住宅ローン完済
電子レンジ買い替え

各年のコメント

2019年
3,370,988円

当たり前だけど、住宅ローンが終わると支出がグッと減りますね。
住宅ローン分は「住宅ローン払ったつもり貯金」として、そのまま別口座に移しています。
いつの日か仙台でリタイヤ生活を送りたいので、家がもう1軒買えるくらいの貯金をしなくては。

今年の2月頃から新型コロナの影響が世界中で広がり、来年の収入・支出共に不透明な状態です。
我が家でも、3月から私の仕事が打ち切られ(再開時期は不明、コロナの影響をモロに受ける業種)4月から夫が在宅勤務になりました。
在宅勤務って地味に支出が増えそうです、食費はもとより、光熱費も意外と馬鹿にならない気がする。

旅行、外食、レジャーの支出が減る(というかなくなる)から、トータルでは世帯の支出は減るでしょうが……日本全国不景気待ったなしですね

このページのトップへ戻る
2018年
4,029,785円

美容費と医療費が跳ね上がっています。

8月から翌年4月まで歯医者に通い詰めでした。
30年以上前に治療した歯が相次いでトラブルに見舞われ、一つ治したら次、また治したら次……と計3本も治療する羽目に

金銭的な負担もそうだけど、身体的・精神的にキツいものがありました。
かなり痛かったですし。
健康大事です、本当に。

美容費はほとんどが白髪関係です、泣きそうです。
歳とるとメンテナンス代にお金がかかるのね

このページのトップへ戻る
2017年
3,959,682円

再来年の消費税増税を見据えて、耐久品の買い替えを少しずつ進めています。
今年はコタツとTVボードを購入しました。
コタツは16年前、テレビボードに至っては30年前(子供時代から私が使っていた)の製品なので、もういいでしょう。

食品や生活用品がジワジワと値上がりしている気がします。
値段が据置きでもこっそり量が減っていたりもしますよね、なんだかなあ。

このページのトップへ戻る